転職市場での市場価値とは?

 
転職市場で市場価値が高いのはどんな人材?自分の市場価値はどれぐらいだろう。

こんな疑問はないでしょうか?

いったい自分が転職市場でどれぐらいの価値があるか興味がありますよね。

この記事では、転職市場での市場価値について徹底解説をしていきます。

転職市場での市場価値について知りたい人
転職市場での市場価値とは何か。市場価値の高め方

転職市場での市場価値とは

転職市場で市場価値が高いのはどんな人材でしょうか?

それは企業から引く手あまたで、高い給与水準で転職できる人ではないでしょうか。

以下の様な人が市場価値の高い人材です。

  • その人を雇いたい企業が多い
  • その人のスキルは希少価値が高い
  • 高い給与を払ってでも来て欲しい

こういったハイクラス層の転職における給与水準についてはある程度、需要と供給のバランスで説明できます。

つまり「こういったスキルをもった人を採用したい」という企業の需要と、それに合う求職者の供給のバランスで給与が決まってきます。

もし、人材の供給が企業の需要より少なければ、企業は自社に来てもらうために好待遇を用意します。

市場価値が高い人材とは、このように希少価値の高いスキルをもっていて好待遇で企業に転職できる人なのです。

給与水準の決め方は企業によって異なっているので、需要と供給だけで決まるとは一概には言えない部分もあります。

市場価値の高いスキルとは

では、そのような引く手あまたの人材になるにはどうすれば良いでしょうか?

どんな経験やスキルがいるのでしょうか?

その一つの回答はトレンドを見ることです。

例えばAI人材やデータサイエンティストは、今まで年功序列の給与体系を守ってきた大企業でも高待遇で迎え入れられています。

つまり大企業というブランドがあっても、それだけでは人材をひきつけられず、高給を用意する必要があるということです。

文系ではどうでしょうか。

デジタルマーケティングやM&Aなど、今後も需要が伸びる領域の経験やスキルをもった人材の市場価値が高くなっています。

これらの経験やスキルは先程説明した需要と供給のバランスで希少価値が高いのです。

なお、市場価値の高い経験やスキルは、時代とともに変わっていきます。

コモディティ化や新しいテクノロジーの出現で、昔は花形だった仕事の需要が減ることがあります。

例えば、インターネット広告費がテレビ広告費を抜きました。この事実から伝統的なメディアよりもネットに精通している人材の価値が上がっていくと考えられます。

また、ロボットやAIといった最先端のテクノロジーが人にとって替わろうとしています。単純作業の価値はますます下がっていくでしょう。

このように市場価値の高い経験やスキルは、時代とともに移り変わります。

トレンドを読み、その時代に即した新しいスキルを獲得することが求められます。

転職市場での市場価値の測り方

では、あなたの市場価値はどうやって測れば良いでしょうか?

これは転職活動を通じて分かってきます。

市場価値の図り方の例

  • 転職エージェントが紹介する求人
  • スカウトサービスで受け取る求人
  • 転職活動における面接の合否結果

こういった転職活動の結果によって転職市場での市場価値が分かってきます。

ここで1つだけ注意点があります。

自分の市場価値をはじめから低く考えるのはやめましょう。

現職の給与が安いことから自分の市場価値が低いと決めつけている方がいます。

基本的に今の給与が低くても関係ないです。

今の会社が年功序列で、実力が正しく給与に反映されていないだけかもしれません。

また、所属する業界や会社が構造的に儲かっていないだけかもしれません。

それはあなたの責任ではないのです。

ですので、まずは無理そうでも希望の会社を目指しましょう。

あなたの経験・スキルが、その会社の欲しい人材と合致すれば転職できる可能性はあります。

私の経験では、転職は実力半分、運半分といったところです。

面接官との相性、聞かれる質問、自分の調子の良さも合否に大きく左右します。

間違いなく言えるのは思っているだけでなく、しっかりと行動に移してチャレンジしないと望む結果は絶対に出ないということです。

転職市場での市場価値を高める

ここからは、どうやって市場価値を高めていくかを解説します。

自分の市場価値を高めるには意図的にスキルを磨いていかなければいけません。

「これからの時代はどんな能力が求められるか」「いかに自分の希少性を高めるか」を意識してスキルを磨くのです。

ただ漫然と言われた仕事をしていては、伸ばすべきスキルが伸びません。

これからは「この分野はこの人」というように強みで選ばれる時代になります。自分の強みを把握して、その分野のスキルを重点的に伸ばしていく必要があります。

そして、その強みの伸ばし方にトレンドを取り入れていくのです。

例えばマーケティングに強みがある人なら、これから需要が伸びるであろうWebマーケティングの腕を磨くのもよいでしょう。

さらに、英語力があれば、海外市場向けマーケティングのスペシャリストとしての道も開けるでしょう。

まとめ

転職市場での市場価値に興味がある方は、一度転職活動をして自身の市場価値を確かめることをおすすめします。

今すぐには転職するつもりがなくても、今後、年功序列や終身雇用が崩れ雇用の流動化が進むなかで転職せざるを得ない状況になる可能性もあります。

そこではじめて自分の市場価値を突き付けられて愕然とするよりは、今からしっかりと市場価値を把握して、その価値を高める行動を取るべきだと思います。

市場価値を上げる為にも社会人として何を勉強すべきかについては、社会人は何を勉強すべきかを参考にしてください。

天職キャンプのオススメ(広告)

キャリアや転職の本を読みあさった私のオススメ本を紹介します。

これからの激動の時代にどう働くかについて非常に参考になる本です。

画像からAmazonのリンクに飛べます。